ペガサス学習塾米沢教室

ブログ

2019/05/31

記憶の引き出し攻略法とは?

今回の中2の中間テストで社会は県庁所在地の問題がでるのですが、県名と県庁所在地が違う県はよ~く確認しておくことと伝えました。

北海道(札幌)、岩手(盛岡)、宮城(仙台)、群馬(前橋)、栃木(宇都宮)、茨城(水戸)、神奈川(横浜)、山梨(甲府)、愛知(名古屋)、石川(金沢)、三重(津)、滋賀(大津)、兵庫(神戸)、島根(松江)、香川(高松)、愛媛(松山)、沖縄(那覇)

県名と県庁所在地が異なる理由には諸説あります。

最初の確認テストではボロボロでしたが、さっそく保護者様にもお伝えしたところ、家でバッチリ暗記できたようです。

どうやって覚えたの?と聞いてみると、どうやら友だちの名字にひっかけて覚えたようです。さすがです。これで記憶の引き出しからいつでも引き出せます。

生徒のお母さんより

さっそく塾で確認したところ札幌の「幌」の漢字が書けず満点を逃した彼でしたが、帰り際に再度確認したらバッチリ書くことができました。

ペガサス米沢教室では、生徒の保護者の方全員のLINEとつながっており、塾での学習指導報告書や勉強の様子を毎回お送りしています。

現在勉強している単元や、その学習内容も含めて詳しくお送りしています。これには理由があります。保護者の方も今、子どもが学校や塾でどのようなことを学んでいるのか、単元の詳細まであえて知ってもらい、塾では今日ちゃんと理解してきたのか、何か問題はないのかなど、常にお伝えすることで、塾だけではなく、保護者の方のコミュニケーションを取ることで保護者の方にも一緒にご協力頂いて、一緒に子どもたちの成績アップにつなげていきたいと思うからです。

今日塾で間違った問題やその類似問題(手作りのオリジナルも含む)をお送りすることもあります。難しい問題があったときは解説動画を作成して送ることもあります。

一人ひとりが目標に向かって一生懸命頑張れるように全力でサポートしていきたいと思います。

塾長鈴木のブログランキングはこちらをクリック

2019/05/30

世界で勝てるピコの英語

みなさんは 小学3生から英語活動は必修化し( 外国語活動 )、さらに小5,6年生では成績がつく「正式教科化 」に変わることをご存知ですか? (全面実施は2020年度から ) これまでの英語は「読む・書く」が中心でしたが「聞く・話す」ことにさらに重点が置かれるようになり4技能(聞く・読む・書く・話す)を習得する指導方針が出され小学校の段階で4技能を重視されるようになりました。これは今後ますますグローバル化が進む中で(もちろんここ米沢でも)さまざまな国の人たちと英語を使ったコミュニケーション能力の求められます。

ペガサス米沢教室では 日本で唯一スピーキングが入った検定試験【4技能英単語検定】に完全対応したプログラム「ピコのえいご」をカリキュラムに取り入れています。

ペガサスでは小学生が第一段階として徹底した単語の習得を目指しています。英語のすべてを広く・浅くやるのではなく単語に特化した学習を圧倒的に行っています。なぜなら単語力は圧倒的な英語力を生むからです。

現在8級を練習中。これまで覚えた英単語とフレーズは650を超える

現在ペガサス米沢教室でピコの英語を学んでいる小学6年生です。25級からスタートし、小学校卒業までに1級を目指しています。1つ1つステップを踏み級を取ることでやる気を引き出しています。最初はアルファベットの練習からスタートし現在はちょうど8級に入ったところですが、これまで習得した英単語、短文は約650個あまり。全ての英単語と短文が書けて、読めて、発音もでき、聞き取ることが要求されます。 英単語(フレーズ)はすべてパソコンで「発音・リズム・ピッチ・強勢」を点数化し採点されます。ペガサス米沢教室は4技能英単語検定協会・検定実施会場のため教室内で随時、4技能検定試験を実施しています。

検定に向けて猛勉強中

検定を行うことで子どもたちはやる気がアップし、さらにさらに上を目指して頑張るようになります。

4技能英単語協会認定の合格証書

塾長鈴木も大学時代にアメリカに留学した経験があります。その時出会った友人が世界中にいます。大学の寮のルームメイトはトルコ人でした。トルコ語を教えもらったり、次のルームメイトの韓国人とはお互い切磋琢磨して勉強を競い合いました。その根本にあるのは知的好奇心です。現在はどんな地方に住んでいても外国の方を見かけます。もちろん会社で仕事をすれば海外と英語の電話会議、メールなどはあたりまえの世の中になっています。英語を話せる、文章が読める、英語でメールが書ける、外国人が言っている英語を聞き取れる。 英語を学ぶことは目的ではなく手段です。 そして子どもたちは最高の環境でその基礎を学んでいます。

わからないことを知りたい、わかるようになりたい、もっと知りたい、いった好奇心は子どもの可能性をぐんぐん引き上げます。

知的好奇心があれば何も言わずとも子どもたちはどんどんやる気がうまれるのです!

鈴木のブログランキングはこちらをクリック

ピコの英語
発音、ピッチ、リズム、強勢がすべて点数化される。

鈴木のブログランキングはこちらをクリック

2019/05/29

上杉鷹山もやりたかったプログラミング学習

来年から小学校でプログラミングの授業が始まるわけですが、ペガサス米沢教室では3年前よりプログラミング教室をスタートさせました。ただプログラミングを学ぶだけではなく、空間認識能力を高めるために最適なブロックの組み立てを取り入れ子どもたちに人気のある「ロボット製作」+「プログラミング学習」を導入しました。3年前はプログラミングがまだそれほど注目されていないときにいち早くここ米沢の子どもたちにもプログラミングを学べる機会を作るためにロボットプログラミング教室を開講しました。通常のコースは2年で終了なのですが、その後さらにエクスパートコースもあります。

小学4年生がプログラミング中

プログラミングは論理的思考力を養うのに最適と言われていますが、多くの小学生たちが算数の文章問題が苦手で、あまりにも計算問題を早く解くことにばかりに時間を費やしてきたため簡単な文章を読みこなす基礎力もなく、ただやみくもに文章の中の数字を拾って、掛ける、割るの式に適当に当てはめて問題を解く姿に愕然としました。この現状を目の当たりにしたとき、早くこの問題を解決しなければと強く感じました。

また一部の大学生が 小学生、中学生レベルの基礎学力しかなく、大学の授業が成り立たない現状があるようです。

数学が苦手な生徒には特にプログラミング学習が効果的というデータが出ているようです。プログラミングを組む際に1つ1つの命令(ブロック、記号)を順序よく組み立てていきます。適当に並べてもまったく動作しません。これがプログラミング思考と言われています。

小学生にプログラミングを学ばせる意図は実はこのプログラミング思考の学習方法が算数や理科だけではなく他の教科への理解をさらに深めることにあります。

実際の研究ではプログラミングを1つ1つ組み上げていき自分が思うように動作したとき、その達成感や自信がその後の様々な学びのモチベーションにつながることがわかってきました。

そして逆に言うと、理科や算数に苦手意識があればプログラミング学習はとても有効だと言えます。苦手意識は自分が何かのきっかけでそう思い込んでしまっただけです。プログラミング学習はその思い込みから脱出するだけの効果があるのです。ペガサスロボットプログラミング教室で学ぶ子どもたちの姿を見ていると本当にそう思います。

塾長鈴木のブログランキングはこちらをクリック

友だち同士でアイデアを出し合ってプログラミングを学ぶ子どもたち
エクスパートコースでは高度なロボットも制作します。
ペガサス米沢ロボットプログラミング教室の生徒の作品

塾長鈴木のブログランキングはこちらをクリック

2019/05/28

ペガサス直営校の先生とお会いしました。

ペガサス本部の先生方とは毎年勉強会をやるのですが、昨日は福岡本部のペガサス平尾教室から先生がここ米沢教室にお見えになり、いろいろと教務関係や生徒指導のお話をすることができました。

夜は生徒を直接指導して頂いたり、勉強方法についてもアドバイスして頂きました。

そして、米沢教室の生徒たちが一生懸命勉強に取り組んでおり、勉強のやり方や受け答え、態度を見て、みんな素直で、とても良い生徒ばかりですね、とのお話を頂きました。

そして、ペガサス平尾教室で実践している理科と社会の偏差値が大幅アップのオリジナル参考書の作り方や要点ノートのまとめ方なども生徒に指導して頂き、中2の生徒(今週金曜に中間テスト)はさっそく理科の実験の要点まとめを開始。

そのまとめ方や図がとても上手で生徒のモチベーションがさらにアップして授業が終わりました。

その後保護者の方からさっそくメールを頂きました。

理科の自学の仕方がわかったと本人も喜んでいました。理科に対する苦手意識が少しでもなくなってよかったです。
褒められるとやる気になるタイプなので、どんどん褒めてほしいです。
よろしくお願いします。(中2保護者様)

お世話になっております
勉強方法を褒めて頂けると、自信もヤル気も出てきそうです。しかも、不得意な社会なので尚更です。とても励みになります!有難うございます
今後もよろしくお願い致します。
(中3保護者)

結果を出すには、素直にアドバイスを受け入れること、そして迷わず、まずは自分でやってみること。

またこんな話もありました。これから入試には記述式の問題が増えてくるが、まったく恐れなくていい、逆に○、☓、選択肢の問題は間違えばそれで終わり。しかし記述式は完璧でなくても自分なりに書くことが大事。出題者も完璧な答えでなくとも部分点をくれる。

夏期講習ではさらに時間をかけて1,2年生の復習と勉強のやり方をじっくりと指導していく予定です。

ブログランキング

塾長鈴木のブログランキングへ
にほんブログ村

2019/05/27

中間テスト真っ最中

塾の生徒は現在、中間テスト真っ最中。
先週中間テストが終わった中学もあります。塾の生徒は何も言わずとも
テストが返ってくると塾に答案用紙と解答用紙をもってきます。

そしてできなかった問題をもう一度解き直しを行います。
そして、どこをどうして間違ったかをしっかり確認します。
さらに単純ミスなのか、理解できていないのか、分析を行いつつ
理解できていないところをもう一度インプットしてさらに追加の演習などを行います。
この積み重ねで学力はアップします。

塾に来ると生徒たちはワークを取り出しもくもくとテスト勉強を始めます。
英単語のプリント、重要構文のプリント、並べ替えの問題、数学の類似問題、テスト対策プリントなども
どんどん活用してみんな一生懸命です。

先週も社会の時差の問題や県庁所在地の問題などのプリントをくださいと、自分から積極的に
リクエストし、勉強の本気度、やる気を感じました。

家では勉強を何から始めたらいいのか、わからないという話をよく聞きますが
ペガサスの塾生たちはしっかり自分も目標を理解し、塾で何をしたらいいのかがとても明確です。
人にあれやれ、これやれと言われたのではなく、自分でテスト勉強をやる、そして自分がやるべきことを
自分で自覚して進める、これがペガサスの理念でもあり、子どもたちの理想の姿です。

ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村
2019/05/24

7月の実力テストに向けて

昨日は興譲館を志望している生徒とマンツーマンで理科をやりました。7月にある実力テストに向けてすでに準備を開始しているようで、理科の光と音の単元が苦手なので教えてほしいと彼から話がありました。

まずは基本のプリントからはじめて、次に標準の問題をやりました。レンズの作図は4パターンをしっかり自分で書けるように練習しました。焦点の2倍の距離が基準になることをしっかり理解しておきましょう。次に、その位置から遠ざけたときと、レンズのほうに近づけたとき、そして焦点の位置においた時、さらにレンズ側に近づけたときを、それぞれ丁寧に作図をしながら理解を深めました。

じっくり図解して理解していくことが大切です。だんだん理解が深まって問題も解けるようになりました。口頭質問も時々だしながら、記述式の問題の訓練も兼ねて、練習しました。自分が本当に理解していないと、人にうまく説明できないのです。記述式の問題ができないのは、原理原則の基本をあいまいに理解しているからです。なので、友達どうしで教えあうというのはとてもいいことです。

虚像と実像の違いは何? 図を書いて説明できる?

焦点の位置に物体をおいたときスクリーンには像は映らないのはなぜだかわかる? 図を書いて説明してみて。

このような訓練が重要です。ただ、言葉を暗記しても本当に力にはならないのです。

彼はまたさらにレベルアップしました。

2019/05/22

中間テストが始まりました。

今週、来週と中間テストがスタートします。

中間テストを実施しない中学もありますが!

しかし、生徒のみんなの気持ちはみんな同じ

「いい点を取る!! がんばる!」

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ

にほんブログ村

2019/04/16

高校受験の寂しさが人間の心を静かに燃やしてくれる。

米沢興譲館高校、探究科に合格した生徒です。


今まで数学が嫌いだったけれど、先生が1対1で丁寧に教えてくださったおかげで、苦手が少しずつ潰れていき、数学を勉強することが楽しいと思えるようになりました。塾の勉強は自分が分からないところだけ学習できるし学校では習わなかった裏技なども知れて、とても良かったです。数学が60点台だったのに80点台まで伸ばすことができました。毎日の自主学習とペガサスでの学習の両方に力を入れて取り組めました。私は3ヶ月しかペガサスに通っていませんが、その短期間でたくさんのポイントを教えていただき、実際に入試にもその問題が出たのでペガサスで勉強して良かったと思いました。また先生に提出する学習ノートの励ましのコメントがいつも私のやる気や自信に繋がっていたので感謝しています。家で一人で学習していると様々な誘惑に負けそうになるのですが、ペガサスには分かりやすく教えてくれる先生と一生懸命勉強する他の生徒さんがいて、とても良い環境で集中して勉強することができたので良かったと思っています。苦手なところだけ勉強できたので、たった3ヶ月でも成績を伸ばすことができました。ペガサスを選んで本当に良かったです。受験が近づくと不安になったりとても緊張したりすると思うのですが、ペガサスで学んだことは確実に入試の時に活きてくるので、毎日の学習を大切に頑張ってください。

詳細はホームページをご連ください。

2019/04/15

勉強する意味を考えてみよう

昨日の夜、林修先生のTVを見ました。東京の高校で定期テスト廃止、クラス担任制廃止などの新しい試みをしている学校の紹介でした。

まさに、子どもたちにこれから求められるのは問題解決能力、そしていろいろな人達とチームワークでざまざまな問題に取り組んでいくために必要な、行動力、協調性ではないでしょうか。

テストで良い点をとるための勉強では世界を視野にいれたとき十分ではありません。
ペガサス学習塾では子どもたち自らが勉強の意味をしっかりと理解して自分で勉強に取り組む姿勢、やる気、モチベーションを上げながら勉強の取り組むことができるように指導を行っています。

米沢中央高校(特進科)に合格した生徒より。


塾に入ったきっかけは自分の学力が低く成績がなかなか思うように伸びずにいて、特に数学のテストの点数が悪かったからです。塾での勉強は先生が1教科1教科丁寧に教えてくださり、分かりやすかったです。成績は苦手教科の点数は数十点以上がり、他の教科も点数が伸びました。5教科を先生が分かりやすく教えてくれ、解けない問題も解き方をしっかり解説してくださり受験対策の問題集も一緒にやって受験に向け本気で取り組むことができました。塾に通ってよかったと思えることは、今までわからなかった問題がちゃんと解けるようになったことと粘り強く考える力がついたことがです。今わからない問題や勉強を先生と一緒に考え、自分のためになる勉強ができるように頑張ってください。

保護者様より頂いたお手紙です


ペガサス学習塾米沢教室には2年続けて息子と娘がお世話になり二人とも志望校へ合格することができました。自分で勉強をすすめ、わからないところを先生に聞き理解できるまで教えてもらう。二人とも先生の教え方がわかりやすいと言ってましたし、5教科全て教えていただけるところなどが、本人達に合っていたのだと思います。テスト前に塾の自習室を自由に使用できることや(通い放題)、他の塾に比べ料金も良心的でペガサスで良かったとつくづく思います。息子も娘も塾に行き始めたのが時間的に遅かったので、もっと早く行かせていればもっとよかったのかなと感じました。短期間で集中して勉強でき、なんとか合格できましたが子供達の実力を考えるとこの短い間によく点数をあげることができたと驚いているところです。それもこれもペガサス学習塾のシステムと先生の献身的な授業のおかげだと心から感謝しております。本当にありがとうございました。

詳細はホームページをご連ください。

2019/04/04

サイト内検索

News

中学生の英語授業がすべて英語で行われるようになります。

中学生の英語授業がすべて英語で行われるようになります。

只今、夏期講習真っ最中です。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

みなさん、ご存知ですか?

来年度より、英語授業が変わります。

1.小学3年生から英語の授業がスタートします。

2.小学3、4年生の英語の授業は週に1回程度(慣れ親しむことが目的)

3.小学5,6年生は週2回程度の授業で、今までとは異なり教科書を使います。さらに成績もつくようになります。

4.中学生の授業は基本的に英語で行われるようになります。

5.高校入試、大学入試は英語の4技能(話す、聞く、読む、書く)が重視されるようになります。

6.小学生で習う単語は700語以上。

ペガサスでは、ピコの英語で小学生のうちから、英単語とフレーズの4技能をマスターすることができます。25級からスタートして1級まで検定を実施しています。

詳しくはこちらを御覧ください。

すでにペガサスに通う小学6年生の生徒は7級まで習得。

覚えた単語は600個。読み、書き、発音、リスニングを完全マスター。

夏期講習では、英語が苦手な生徒が、be動詞と一般動詞の区別の基礎から1つ1つスモールステップで練習中。

be動詞は「です。」

be動詞は「です。」

昨日の夜は緊急地震速報が鳴って、びっくりでした。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

毎日暑い日が続きますね。

しかし、塾はとても涼しいのでご安心ください。快適な温度・湿度に常に調整しています。

さて、この夏休みは、英語をしっかり基礎からやりなおしてください。

英語が苦手な生徒に診断テストをやってもらうと、ほぼ間違いなくBe動詞と一般動詞の区別ができません。

よって、否定文、疑問文の作り方もおかしくなっています。

例えば、私はテニスをしますを

I am play tennis. と書いてしまうことがあります。

I am not play tennis. 否定文はこう書いてしまいます。

三人称単数のところもできていません。

They is / He are となってしまいます。

調べてみると、まず代名詞が覚えきれていません。複数形の theyも意味があいまいなようです。

He busy. とかも間違いです。

まずは、be動詞と一般動詞の区別をしっかりして、それぞれの疑問文と否定文の作り方を覚えましょう。

そして、普通文を、主語を変える、否定文、疑問文、現在進行系、過去進行形にする。助動詞を間にいれる、さらに、疑問詞を頭につける、などを少しずつ文章をいじる練習をするといいです。

例えば、

I play tennis.

He plays tennis. 主語をかえる

They play tennis. 主語をかえる

I played tennis. 過去形

Does he play tennis? 疑問文

When does he play tennis? 疑問詞

Where does he play tennis? 疑問詞

He doesn’t play tennis. 否定文

He can play tennis. 助動詞

He is playing tennis. 現在進行系

He was playing tennis. 過去進行形

Is he playing tennis? 現在進行系の疑問文

Was he playing tennis? 過去進行形の疑問文

He is not playing tennis. 現在進行系の否定文

He was not playing tennis. 過去進行形の否定文

Can he play tennis? 助動詞の疑問文

He can’t play tennis. 助動詞の否定文

be動詞の意味は~です。 をつかえば

He is playing tennis. →彼はテニスをしているところです。(isがあるから「です」となります)

He is play tennis. → 彼はテニスをしますです。 (おかしい!)

と気づくことができます。

何事も基礎が大事です。そしてこの夏は基礎を徹底してやるのが一番大事です。

勉強したもん勝ち!行動したもん勝ち!

勉強したもん勝ち!行動したもん勝ち!

大人もそうですね。

人生やったもん勝ち! 迷ったら楽しい方を選べ! →確かにそうですね!

塾長鈴木のブログランキングはこちら

夏期講習で毎日大忙しです!!

pegasus_yonezawa
夏期講習参加の中2生。国語の読解と英語リスニングと、長文がやりたいということで参加してくれました。長文は基礎から練習して1冊目のテキストが終わりました。昨日2冊めに入りました。順調です。




pegasus_yonezawa
中学1年生は夏期講習で数学を最初から基礎、応用と進めています。


pegasus_yonezawa
遠くから塾まで毎日通い放題の夏期講習に参加してくれています。とにかく勉強したもん勝ち!質問したもん勝ち!


pegasus_yonezawa
これでいいんです。今までまったく英語をやっていなかった3年生。基礎の基礎の基礎をやります。1ヶ月後が楽しみだー!

pegasus_yonezawa
こちらは小学生チーム。歴史をもっと学びたくやりました。いいぞ!!雪舟は帽子をかぶったおじさん、足利義満は顔が丸いね、、で盛り上がりました。源頼朝は、朝なのになんで、ともって読むのですか?という質問も!

pegasus_yonezawa
こちらは小学生チーム。算数も90点以上!すごいぞ!

pegasus_yonezawa
夏期講習が月曜からスタートしました。みんな計画通りにしっかり課題に取り組んでいます。他の生徒が集中して頑張っている姿を見てさらに自分も頑張らないと、という気持ちがでてきます。
生徒の頑張りをご紹介します。

生徒の頑張りをご紹介します。

最近思います、素直が一番。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

勉強のやり方だったり、効率だったり、人それぞれです。

しかし、いくら効果的な学習法を教えても、聞く耳を持たない、やりたくない、

そんなの面倒くさい!! と思うのか、

それとも、なるほど、なるほど、、、 教えられたようにやってみよう

と、素直に受け止めるか、、、、、、 素直な人ほど、ぐんぐん伸びます。

教えたことをしっかりノートに書いて、私が問題の解き方の説明に使った紙を

しっかり持ち帰り、復習している生徒は間違いなく伸びます!

100点出ました!

100点出ました!

今日からペガサスの夏期講習がスタートします。

先週は毎日夏期講習のお問い合わせ、お申込みで大忙しでした。

そして、さらに、2つ嬉しいことがありました。

1つ目は、春から国語の読解力トレーニングを続けてきた小学生(5年生です)

がなんと、国語で100点を取りました!! とお母さんから嬉しいご報告が!

LINEで写真を送ってくれました。

国語のテストではじめて100点をとりました!やった!

お母さんより

学校のテストで初めて文章問題で100点を取ってきました。身になっていることを実感したようです。

嬉しいですね。本当に嬉しいです。塾では、読解力トレーニング用のテキストを使って、毎回楽しく勉強を続けています。

主語と述語をしっかり捉える練習や、助詞に使い方などを練習しているのですが、これを継続していくうちに、短文の中で言いたいことがしっかりと捉えることができるようになりました。

どんどん論理的に文章を読みこなす力をつけていって欲しいと思います。

2つ目の嬉しいご報告は、塾の生徒が英語の弁論大会で学校代表に選ばれたことです。

こちらもすばらしいですね!

夏期講習では通い放題を使った毎日塾に来るのですが、学校で弁論大会の練習だったり、準備などで大忙しだそうです。

完璧に覚えて準備万全の体制で大会に望んでほしいと思います。

今日から夏期講習いよいよスタートです! 2時から夜の9時半までノンストップです!! がんばっていこう。

エキテン

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

よねざわネット

お問い合わせ

ペガサス学習塾米沢教室
TEL:0238-40-1785
受付:10:00〜22:00