ペガサス学習塾米沢教室

ペガサスの指導方針

ペガサス学習塾米沢教室の指導の特徴

ただやみくもに勉強したり、先生の話を一方的に聞いてるだけではなかなか成績はあがりません。塾では診断テストをもとに各個人の学習計画に合わせて勉強を進めていきます。わからないところや自分で解けなかった問題や重要なポイントはしっかりと専用のノートに書きまとめ何度も繰り返し学習していきます。塾ではどういう勉強方法を実践したら効率良く成績が上がるのか5教科の勉強方法を具体的に指導しています。

生徒のやる気を引き出し真の実力を身につける!

ペガサスではテストで良い点を取るためだけではなく、勉強の面白さを伝え、それが世の中でどう役に立つかなど、生徒に興味を持ってもらうことで生徒のヤル気を引き出しています。子どもたちにいくら正しい勉強方法を教えても子どもが勉強に対するモチベーションが低いとなかなか成績は上がりません 。いかに「勉強に対するやる気を引き出すか」がとても重要です。ヤル気を出して効果的な正しい勉強のやり方をしっかり身に付ければ自ずと成績はあがります。そしてこの効果的な勉強方法を学び基本をしっかり定着させていけば高校や大学へ進学したときでも十分対応していけます。

これが最新のツールを使ったペガサスの学習スタイルだ!

全国のペガサス学習塾では北海道から沖縄まで380教室で10,000人以上の小学生、中学生が最新のペガサス学習システムで学んでいます。子どもたちに主体性を持たせ「自ら学ぶチカラをつける」ための学習スタイルを取り入れることで、子供たちは自分で問題が解けるようになると、それが「自信」になり学習に取り組む「やる気」になります。そして親や先生から教わるだけではなく自ら積極的に学ぶ意欲につながります。米沢教室では授業料に「通い放題プラン」を導入していますので毎日通塾しても月々の授業料は一定です。毎日塾で勉強することで圧倒的に学習量が多くなり勉強の習慣化につながります。

スモールステップ&アウトプット学習法で成績をアップ

通い放題プランの導入

ペガサスでは定期テスト前はどのコースの生徒も全員が毎日何時間でも、塾に通い放題です。学校の勉強でわからないところをわかるようになるまでしっかり指導します。ペガサス米沢教室では学校のような集団指導と違い講師がそれぞれの生徒に合ったカリキュラムを作成し、一人ひとりのペースに合わせて丁寧に教えています。家では集中できずだらだら勉強してしまう人、塾で苦手科目を克服して定期テストで成績を上げたい人、授業の先取り学習をしたい人など、それぞれにあった指導を行なっています.ペガサス学習塾は生徒一人ひとりにあったテキストを使った学習とコンピュータ学習の両方を効果的に取り入れた新しいスタイルの「完全個別指導塾」です。パソコンを教材として効果的に活用することで子どもたちは楽しく、そして勉強に集中できるのでみんな自分のペースでしっかり学んでいくことができます。コンピュータ学習でつまずいているところを理解できるまで何度も何度も繰り返し学習し学んだ知識をしっかり定着させます。そして一人ひとりのレベルに合ったテキストを併用しながら学校のテストで点が取れるように実践学習を行っていきます。わからない単元は講師がしっかり解説、問題の解き方を指導しています。

塾で自分で積極的に勉強に取り組む生徒たち

自分がどこがわからなくて、どんな問題が苦手なのかが明確になる。

学ぶ内容が誰でも理解できるように基本問題から応用問題までスモールステップ毎に並べられていて基本から応用問題まで自分のペースで解き進めることができます。小さな達成を積み重ねることでをやる気につながります。一方的に先生に教えられる勉強では「わかったつもり」で演習量が不足しなかなか定着しません。ペガサスでは自分の力でどんどん勉強を進めることができます。

効率の良い勉強スタイルを身につけよう!

自分の苦手な問題、解けない問題が見つかり前学年で勉強した内容を復習したい時も教科書や問題集をいちいち見なくてもペガサスのツールを使うと効率よく勉強ができます。 勉強した内容、間違った(苦手な)問題、解くのに要した時間、理解度などがデータ管理されるので自分の弱点とやるべき内容が明確になり定期テストや入試対策として、どの分野の問題をどのレベルまでやればいいかが明確になります。また解答時間を制限することで定期テストや入試を想定した練習を行うことができます。 間違った問題、弱点問題はパソコンに記憶され、理解するまで何度も繰り返し練習していきます。さらにテキストや類似問題のプリントを使いながら演習することで知識を定着させます。理解できないところは講師が理解できるまで丁寧に個人指導を行います。

自立学習の習慣が身につく!

問題を解くのに必要な基礎知識、解き方のヒント、手順などが各レベルごとにわかりやすく解説されているので、要点をノートにまとめながら自分自身で勉強を進めながら「自立学習」を身につけていきます。 個別指導といっても、先生が最初から生徒につきっきりで面倒を見ては依存心が強くなってしまい、子どもの自立につながりません。 先生に教わりながらだと解けた問題が 自力で挑む本番のテストではさっぱり解けなかった、、、という経験はあると思います。 個別指導の弊害は1から10まで全て丁寧に教えすぎてしまい、生徒は先生の説明を聞くというインプット学習が中心となり、一番大切な問題を自力で考えて解く訓練が不足し、子供たちは先生への依存心が強くなってしまいます。ペガサスでは子どもたちに自立を促す勉強スタイルを目指しています。わからないことを自分で調べたり、ヒントをもとに自分の頭でじっくり考え勉強に取り組む姿勢はとても重要です。2020年からは大学入試制度が大きく変わります。これまでの暗記中心の学習から様々な問題に対して自分で答えを導き出す「思考力」や「表現力」が問われます。ペガサスでは普段から問題の解き方や答えを覚えるだけのインプット中心の「受動的学習」ではなく、同時に生徒自身が自ら問題に取り組み、自分なりの考えをまとめ答えを導く能動的な力(アクティブラーニング)を目指しています。だんだんと自分で解ける問題が増えてくると、それが大きな自信へつながり、さらに次のステップに取り組むやる気が生まれてきます。最終的には子どもたちは、勉強を楽しみながら主体的に学ぶようになります。 この自立学習を通して身につけた「主体性」は大人になり社会に出てからも大に役立ちます。

最強の「 自分だけの参考書ノート 」を作る!

理科の実験のポイントをまとめた生徒のオリジナルノート(入試に大活躍します)

ただ、テキストや問題集を解いただけで満足していませんか?定期テスト、実力テストの後、ちゃんと見直しをしていますか?
ペガサスでは、塾で学んだこと、自分で解けなかった問題、要点を専用のノートにまとめていきます。そして気づいた点や自分の弱点をそこに記入していきます。これを積み重ねていくと、大切なポイントと自分に必要な事だけがまとめられた完全のオリジナルノートが出来上がります。市販の参考書にはない、自分の苦手だけを集めた最強の参考書が出来上がります。このノートは、受験でも使え、自立学習に取り組む上でも最強のツールとなります。

ペガサス学習塾米沢教室のよくある質問集

Q1. 集団指導塾のように、どんどん授業が進むのでしょうか?


大丈夫です。当塾は一斉授業は行っておりません。個別指導ですので、お子様の学力に応じて、一人ひとりのカリキュラムでそれぞれのペースで授業を進めていきます。問題がわからないときは「わかるところ」まで戻って反復学習をし、理解力・応用力を養なうことで自分で問題を解く力を身につけられます。

Q2. 部活動をやっていますが、希望の時間はとれるのでしょうか?

当塾のシステムは、集合型の指導ではありませんので、お子様の都合に合わせた時間と曜日で受講が可能です。部活動をされている場合であれば、一度帰宅してから、夕食後からでも受講が可能です。但し一度に受講できる人数には限りがありますので、お申し込み・お問い合わせ時にご確認ください。

Q3. 1教科だけを集中して受講は可能でしょうか?


もちろん可能です。学力によっては、むしろ1教科に絞った学習の方が効果的な場合もあります。1教科の成績があがると、他の教科でも勉強のやり方を覚えることで成績が向上するという例も沢山あります。

Q4. 自分専用(自宅用)のコンピュータを購入しなければならないのでしょうか?


もちろん購入する必要はありません。自宅学習(宿題等)は授業で間違った箇所の復習です。ワーク、問題集(テキスト)、間違いノートを使って学習を行います。塾では学校のワーク、塾専用テキスト、パソコン、タブレットなどのツールを使い学習を進めます。個人のレベルにあった定期テスト対策用プリントも併用します。

Q5. 習う教科増えるほど、授業料が上がるのですか?

授業料は毎月の時間数で決まります。授業料は5教科指導を含めた金額です。生徒さんの学力等を保護者の皆様と入塾面談時に充分にお話しをして指導教科、時間数、教科数を決定しております。英語・数学を必修教科としてテスト前に理科や社会を重点的に学習しているお子様もいます。また、途中から教科を増やすのも自由です。その際、授業料も変わりません。ペガサスでは強制して教科を決めていません。

Q6. 勉強のことで悩みがあります。どうしたらいいですか?


わからなかった問題が解けたり、新しいことを覚えたりすると、勉強は楽しく感じられます。でも、苦手な教科があったり、マイペースで他の子よりペースが遅かったり、単純に勉強がキライなどの理由で、うまく成長できない子供もたくさんいます。子どもたちの悩みに早く気づいて、上手にアドバイスしてあげることが大切です。勉強でお悩みの方はこちらへどうぞ。

Q7. 自立学習の重要性についてもっと知りたい。

ペガサスで自立学習を学んで「自分で考え行動できる力」を身につけよう!
自立学習の重要性の説明はこちらをご覧ください。

Q8. 他塾・家庭教師との違いについて教えてほしい。

他塾・家庭教師とペガサスの違いはこちらをご覧ください。

Q9. 安全メールについて詳しく知りたい。

塾の登校・下校をメール・LINEでご連絡します。 詳しくはこちらをご覧ください。

Q10. 塾保険制度について教えてほしい。

塾保険はペガサスが負担します。詳しくはこちらをご覧ください。

サイト内検索

News

迷わず突き進もう!

迷わず突き進もう!

迷ったら、行動しよう。

時間は限られている。

迷わず、行動に移した人は勝利します!

素直が一番!すごいぞ!

塾長鈴木も、毎日14時から21時半まで休みなしです!!!ぶっ続けで頑張っています。子どもたちの可能性を引き出す!

塾長鈴木のブログランキングはこちら

中学生の英語授業がすべて英語で行われるようになります。

中学生の英語授業がすべて英語で行われるようになります。

只今、夏期講習真っ最中です。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

みなさん、ご存知ですか?

来年度より、英語授業が変わります。

1.小学3年生から英語の授業がスタートします。

2.小学3、4年生の英語の授業は週に1回程度(慣れ親しむことが目的)

3.小学5,6年生は週2回程度の授業で、今までとは異なり教科書を使います。さらに成績もつくようになります。

4.中学生の授業は基本的に英語で行われるようになります。

5.高校入試、大学入試は英語の4技能(話す、聞く、読む、書く)が重視されるようになります。

6.小学生で習う単語は700語以上。

ペガサスでは、ピコの英語で小学生のうちから、英単語とフレーズの4技能をマスターすることができます。25級からスタートして1級まで検定を実施しています。

詳しくはこちらを御覧ください。

すでにペガサスに通う小学6年生の生徒は7級まで習得。

覚えた単語は600個。読み、書き、発音、リスニングを完全マスター。

夏期講習では、英語が苦手な生徒が、be動詞と一般動詞の区別の基礎から1つ1つスモールステップで練習中。

be動詞は「です。」

be動詞は「です。」

昨日の夜は緊急地震速報が鳴って、びっくりでした。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

毎日暑い日が続きますね。

しかし、塾はとても涼しいのでご安心ください。快適な温度・湿度に常に調整しています。

さて、この夏休みは、英語をしっかり基礎からやりなおしてください。

英語が苦手な生徒に診断テストをやってもらうと、ほぼ間違いなくBe動詞と一般動詞の区別ができません。

よって、否定文、疑問文の作り方もおかしくなっています。

例えば、私はテニスをしますを

I am play tennis. と書いてしまうことがあります。

I am not play tennis. 否定文はこう書いてしまいます。

三人称単数のところもできていません。

They is / He are となってしまいます。

調べてみると、まず代名詞が覚えきれていません。複数形の theyも意味があいまいなようです。

He busy. とかも間違いです。

まずは、be動詞と一般動詞の区別をしっかりして、それぞれの疑問文と否定文の作り方を覚えましょう。

そして、普通文を、主語を変える、否定文、疑問文、現在進行系、過去進行形にする。助動詞を間にいれる、さらに、疑問詞を頭につける、などを少しずつ文章をいじる練習をするといいです。

例えば、

I play tennis.

He plays tennis. 主語をかえる

They play tennis. 主語をかえる

I played tennis. 過去形

Does he play tennis? 疑問文

When does he play tennis? 疑問詞

Where does he play tennis? 疑問詞

He doesn’t play tennis. 否定文

He can play tennis. 助動詞

He is playing tennis. 現在進行系

He was playing tennis. 過去進行形

Is he playing tennis? 現在進行系の疑問文

Was he playing tennis? 過去進行形の疑問文

He is not playing tennis. 現在進行系の否定文

He was not playing tennis. 過去進行形の否定文

Can he play tennis? 助動詞の疑問文

He can’t play tennis. 助動詞の否定文

be動詞の意味は~です。 をつかえば

He is playing tennis. →彼はテニスをしているところです。(isがあるから「です」となります)

He is play tennis. → 彼はテニスをしますです。 (おかしい!)

と気づくことができます。

何事も基礎が大事です。そしてこの夏は基礎を徹底してやるのが一番大事です。

勉強したもん勝ち!行動したもん勝ち!

勉強したもん勝ち!行動したもん勝ち!

大人もそうですね。

人生やったもん勝ち! 迷ったら楽しい方を選べ! →確かにそうですね!

塾長鈴木のブログランキングはこちら

夏期講習で毎日大忙しです!!

pegasus_yonezawa
夏期講習参加の中2生。国語の読解と英語リスニングと、長文がやりたいということで参加してくれました。長文は基礎から練習して1冊目のテキストが終わりました。昨日2冊めに入りました。順調です。




pegasus_yonezawa
中学1年生は夏期講習で数学を最初から基礎、応用と進めています。


pegasus_yonezawa
遠くから塾まで毎日通い放題の夏期講習に参加してくれています。とにかく勉強したもん勝ち!質問したもん勝ち!


pegasus_yonezawa
これでいいんです。今までまったく英語をやっていなかった3年生。基礎の基礎の基礎をやります。1ヶ月後が楽しみだー!

pegasus_yonezawa
こちらは小学生チーム。歴史をもっと学びたくやりました。いいぞ!!雪舟は帽子をかぶったおじさん、足利義満は顔が丸いね、、で盛り上がりました。源頼朝は、朝なのになんで、ともって読むのですか?という質問も!

pegasus_yonezawa
こちらは小学生チーム。算数も90点以上!すごいぞ!

pegasus_yonezawa
夏期講習が月曜からスタートしました。みんな計画通りにしっかり課題に取り組んでいます。他の生徒が集中して頑張っている姿を見てさらに自分も頑張らないと、という気持ちがでてきます。
生徒の頑張りをご紹介します。

生徒の頑張りをご紹介します。

最近思います、素直が一番。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

勉強のやり方だったり、効率だったり、人それぞれです。

しかし、いくら効果的な学習法を教えても、聞く耳を持たない、やりたくない、

そんなの面倒くさい!! と思うのか、

それとも、なるほど、なるほど、、、 教えられたようにやってみよう

と、素直に受け止めるか、、、、、、 素直な人ほど、ぐんぐん伸びます。

教えたことをしっかりノートに書いて、私が問題の解き方の説明に使った紙を

しっかり持ち帰り、復習している生徒は間違いなく伸びます!

エキテン

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

よねざわネット

お問い合わせ

ペガサス学習塾米沢教室
TEL:0238-40-1785
受付:10:00〜22:00