ペガサス学習塾米沢教室

ピコのえいご

おまたせしました! これからの英語は4技能が問われます。米沢市に「ピコのえいご」登場!

これからの受験英語は、4つの技能が問われます。聞く・読む・書く・話す

「ピコのえいご」は日本で唯一スピーキングが入った検定試験【4技能英単語検定】に完全対応したプログラムです。ピコでえいごを学べば、単語やフレーズだけではなく4技能(聞く・読む・書く・話す)を育成することができます。さらに検定試験でその到達度を測定することができます。

英語が重視される時代へ・・教育課程が変わります!

文部科学省 の発表では小学3年生から英語活動は必修化し、さらに小5,6年生では成績がつく「正式教科化 」に変わります。(2020 年度完全実施)。これまでの学校教育では英語は「読む・書く」が中心でしたが「聞く・話す」ことに重点が置かれるようになります。そして2020年から大学受験には英語の「話す」が出題されます。英検でもすべての級で「スピーキング」が必要となります。2020年からは大学入試センター試験が廃止され、英語以外の数学などの教科でも問題文が英語で出題されるようになるなど、英語の総合的な力が問われるようになってきます。

どうすれば英語の「4技能」が身につくのでしょうか?

こんな声を多く耳にします。「英語力を身につけるために幼稚園から子どもを英会話教室に通わせていますがなかなか上達しませんでした。上達しないどころか中学生になって英語の成績が???な状態です。なぜなのでしょうか? その理由として以下が考えれます。
1.英会話を習得するためには、英会話教室だけではなく家でも学校でも実際に「英語を使う」環境が必要です。つまり日常生活の中で常に「英語を話す」環境、実際使う場面がないとなかなか上達しないのです。
2.英会話教室での英語を学ぶ方法は、語学習得のあらゆる要素を少しずつカバーするやり方になっています。
語学習得のためには、単語・文法・長文読解・リスニング・スピーキングの1つ1つを確実にマスターしていく必要があります。英会話を中心とした勉強方法ではあらゆる要素を少しずつしかカバーしていないのでなかなか身につかないのです。
3.英会話は、日本の「受験英語」には直接結びつきません。受験英語は「読む・書く」が中心です。これからは英語の4技能(聞く・読む・書く・話す)をトータルで育成するプログラムが必要なのです。

そこでピコが考えた英語習得のプログラムは・・・・・・

小学生がまずやるべき第一段階は、徹底した単語の習得です。英語のすべてを広く・浅くやるのではなく単語に特化した学習をする。圧倒的な単語力は圧倒的な英語力を生みます。

英語力を身につけるための特効薬のようなものは存在しません。1つ1つを確実にマスターしていくしかないのです。その第一段階は、単語の習得です。もっとも簡単な課題です。これを始める最適な時期は中学で本格的な英語教育を受ける前、つまり小学生です。こんな声も多く耳にします。「文法や構文を覚えることが苦痛だから、英語の勉強に挫折してしまう」受験勉強のために文法や構文を覚えるのは、本当に苦痛です。とても非人間的で、苦しい修行のようです。英語圏の子どもたちは、文法や構文なんて覚えようとしていません。単語を無意識にどんどん吸収しているだけです。

一番単語を覚える年齢は8歳(小学校2年生)なのです!

日本に住んでいる子どもたちも、8歳くらいに日本語の単語を無意識にたくさん覚えます。一番言葉を吸収する時期なんです。もし、この時期に「意識的に英語の単語を覚えることができたら…」より自然に英語がわかるようになる。こんな考えから「ピコのえいご」のプログラムができました。

単語といっても、英語独特の様々な言い回し、即ち「句 (フレーズ)」です。英語をマスターしていくためには文法上の単語の集まり「 慣用句・決まり文句」を覚えていく必要があります。英単語を覚えるといっても、書けたり読めたりするだけではなく、これからの時代に必要な「聞く・話す」が加わった4技能をしっかりと身につけなければなりません。そこでピコは考えました。

「ピコのえいご」のプログラムとは?

英単語やフレーズを覚えるといっても、これまで通りのやり方(書けたり読めたりするだけ)ではなく、これからの時代に必要な「聞く・話す」が加わった4技能をしっかりと身につけなければなりません。ピコは4技能を科学的に測定する検定試験を採用しており 4技能英単語検定協会の検定試験に完全対応しています。このプログラムにそって学べば25級から確実に合格することができます。1級合格(1000の話せる英単語をマスター)まで240講座(週1回50分)あります。 そのやり方は、
①1週間で8~10個の英単語をフレーズ(慣用句など)で覚えていき、英単語(フレーズ)の「聞く・読む・書く・話す」を学んでいきます。ペーパー教材・ワークブック・パソコン(タブレット)を使用します。英単語(フレーズ)はパソコンで「発音・リズム・ピッチ・強勢」を点数化し採点されます。
②「聞く・読む・書く・話す」の4技能検定試験を受けます。検定試験には4技能がすべて盛り込まれています。合格したら「級」をもらいます。ペガサス学習塾米沢校は4技能英単語検定協会・検定実施会場に認定されていますので教室内で随時、4技能検定試験を受けることができます。検定は25級~1級まであり、1級を取れば1000の主要な英単語(フレーズ)の「4技能」をマスターしたことになります。


自分の進度が上がれば、「級」を取るスピードも上がっていきます。検定試験は何度でも受けられますから自分のペースで進めることができます。「ピコのえいご」のプログラムは、4技能英単語検定協会の検定試験に完全対応しているのでプログラムにそって学べば25級から確実に合格することができます。子どもたちは1つ1つ級を取ることで小さな成功体験を重ね、それが英語を学ぶ「ヤル気」につながります。年長さんから取り組むことができます。どの学年からいつはじめても大丈夫なプログラムとなっています。また小学生高学年からスタートする場合でも短期間で集中して学ぶ「まとめ学習」も可能です。

スピーキングの試験ってどうすると思いますか?

大学受験でもTOEFL(トイフル)、英検でも、スピーキングの試験はパソコン(タブレット)で実施されます。面接ではありません。面接だと不正が発生しやすいからです。パソコンで出題され、パソコンに話しかけることによって「発音・リズム・ピッチ・強勢」が測定されるのです。つまりパソコン(タブレット)を使った学習に早くから慣れておく必要がありパソコン(タブレット)が測定する「発音・リズム・ピッチ・強勢」で高得点がとれる技術を身につけておく必要があります。「ピコのえいご」が採用している4技能英単語検定協会の検定試験は、欧米・アジアの各地域で180万人がスピーキングのトレーニングをしているプログラム(MyET)をもとにつくられています。日本で唯一のスピーキング対応の検定試験なのです。

どの学年からでも、いつから始めてもよいのです。
年長児からでも始められます。

「そろばんピコ」「ピコのえいご」を運営する「京大個別会」は全国の高校生を対象にした大学受験専門の進学塾です。講師はすべて京都大学生です。京大生の習い事のNO.1はピアノ、NO.2はそろばんです。英会話は1割以下です。京大生は英会話には通っていませんが英語はできます。英語ができないと受験には勝てません。逆に英語ができれば受験には断然有利です。「ピコのえいご」は京大生の実体験から生まれたえいご教室です。

Q. 英語の勉強の基本は何だと思いますか?

A. ずばり単語です。例えていうなら、単語はレンガのようなものです。中学で学ぶ文法はレンガとレンガをしっかりと接着するものにすぎません。レンガがなければ単なる接着剤です。僕が英語が苦手でした。そこで本気になって取り組んだこと。それはひたすら単語を覚えることでした。そして単語の記憶が一定量を超えたとき脳が変わりました。なんとなく英語がわかってきました。英語は受験を裏切りません。特に「ピコのえいご」は2020年問題(英語の4技能化)に対応した日本で唯一のスピーキングが入った英単語検定(4技能英単語検定協会主催)を採用しています。小学校卒業までに1000の話せる英単語習得を目指しましょう。1000の英単語をマスターすれば英語検定、TOEFLへの扉が開きます。
英語が苦手だった私は「ピコのえいご」を推薦します!
                                                                 京都大学工学研究科博士課程卒 石原裕也

☆習得状況を「4技能英単語検定協会」の検定試験で確認。
☆年長さんからスタートできます。
☆全240講座で1000単語習得(1級)を目指します。
☆夏休みなどにまとめ学習することもできます。
☆自宅にあるPC やタブレットを使って練習することもできます。

月謝・入学金・おけいこ日

年長~小学生 生徒募集中!
◆入学金 :5,000円 ペガサス塾生、そろばんピコ生は無料
◆月謝 :6,000円(週1回)そろばんピコ生は5,000円、ペガサス塾生は無料
◆おけいこ日:金曜日【16:00~16:50】または【17:00~17:50】
 おけいこは1コマ 50分です。

対象おけいこ日学習時間月謝(税別)
年長
小1~
金曜日16:00~16:50
17:00~17:50
6,000円

◆設備維持管理費(光熱費等)6ヶ月ごと2,000円(税別)
ペガサス塾生、そろばんピコ生は無料
◆教材費12,000円(税別) 【検定試験4級分のペーパー教材・ワークブック・タブレット プログラム使用料(約1年分)】

サイト内検索

News

期末テストの達人

期末テストの達人

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

さあ、中学生の皆さんは、テスト前通い放題!

やれば、やるほど点数アップ。

みんな上位を狙おう!

各界で話題騒然の大学入学共通テストへの英語民間試験活用の延期

各界で話題騒然の大学入学共通テストへの英語民間試験活用の延期

塾生は、来週の期末テストの向けて猛勉強中です。

毎日夕方に来て、3時間くらい頑張って勉強している生徒もいます。

3年生は今回のテストまでの結果で内申書が作成されるのでみんな必死です。

昨日は、3年生が1名体験に来てくれました。関数の変化の割合の求め方や、グラフの変域などを詳しくやりました。

来週はいよいよ期末テストだ!

1日で重要なところをたくさん解説したのですが、しっかり理解してくれました。

文部科学省が2020年度に予定されていた大学入学共通テストへの英語民間試験活用の延期を発表した。

話は変わりますが、今大学入試の英語の試験で民間試験を活用するという話題が問題になっていますね。民間試験に種類が複数あり、目的も異なる、また受験料も高額だったり、都会に住んでいる人が有利だったり地域格差があるのは問題ですね

これからは英語の4技能を身につけようと学習指導要領や、授業形式が変わります。

しかし日本人が英語ができない一番の理由は、英語で話すことに恥ずかしい気持ちがったり、発音を間違ったらどうしよう、発音を間違うと変に思われる、といった気持ちがあるからだと思います。

塾長も海外で生活したときは、みんな海外からの留学生は書くのが苦手でも話すことは積極的で間違ってもどんどん気にせず話していました。日本人は集団行動で、いつも消極的です。

中学生になると英語を人前で話すのに抵抗を感じる人は多いです。小学生だとまだ、あまり恥ずかしがらずに話すことができます。

これまでの学校の授業があまりにも文法であったり、リーディングなどに偏りすぎました。リスニングや、スピーキングの比率を持って上げて、さらに先生が英語でどんどん生徒に話しかけて、生徒の臆せずもっと自然に英語でキャッチボールできるような授業がを行えば、4技能はどんどんレベルアップすると思います。

まずはそこからです。

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

わかるって楽しい!

わかるって楽しい!

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

素直が一番! 

アドバイスを素直に聞き入れて、実行している人は伸びています。

基礎が出来ていない人は、基本からやり直します。一番の近道です。

水槽の問題は、あらゆるパターンに慣れておきましょう。
ここでしっかり理解しておくことがとても重要。
この問題わかりますか?

この問題わかりますか?

あたまの体操です!

明治時代に活躍した人物
江戸時代の有名人物

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

至上の反復練習は、妥協することなく適応することである。

至上の反復練習は、妥協することなく適応することである。

反復練習は、君の理解する以上に栄光に満ちている。

只今、実力テストに向けて、中学3年生は猛勉強中!

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

2学期中間テストの結果です!!
反復練習をすればするほどニンマリ

 

エキテン

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

よねざわネット

お問い合わせ

ペガサス学習塾米沢教室
TEL:0238-40-1785
受付:10:00〜22:00