ペガサス学習塾米沢教室

塾長のプロフィール

ペガサス塾長 鈴木一弘(スズキカズヒロ)のプロフィール

私がお子様の成績をアップさせます!

【経歴】1991年 県立米沢興譲館高等学校理数科卒業
    山形大学工学部修士課程卒(物質工学科、生体センシング機能工学科)

中学時代は野球部、高校は陸上部で毎日20kmの道のりを自転車通学し文武両道の精神を鍛えあげる。大学時代に海外での生活に憧れ渡米、英語学校を経てアメリカ南ミシシッピ大学で材料工学を学ぶ。 大学院を卒業後は外資系メーカーでエンジニアとしてプロセス改善や品質保証部門で改善業務を担当。その後会社を退職しペガサス学習塾の塾長となる。

学生の時に家庭教師をずっと続けていましたが、そのときの勉強を教える楽しさや、やりがいを忘れることができず、勉強がわからない子供たちをサポートしたいという思いからペガサス学習塾を開校しました。小学、中学の時の勉強はすべての基礎となります。高校進学はもちろんのこと、きちんと「基礎学力」と「勉強のやり方」を身につけておくと、将来いろいろな場面で役に立つことがたくさんあります。そして人生の選択肢の幅も広がります。

「家ではぜんぜん勉強しない」「何度言っても子どもが勉強しようとしない」
このような悩みをお持ちの方は多いと思います。
子どもの成績を上げるのに大事なことは「ヤル気」です。親に勉強しなさいと言われると子どもは逆に反発したくなります。
どんなに丁寧に教えても子どもがやる気になっていない限り時間だけが過ぎていきます。子どもの成績を上げるためには人から言われるのではなく子どもが自分から積極的に勉強に取り組むようになる必要があります。

勉強ができるようになるためには生徒のヤル気、モチベーションをどれだけ引き出すことができるか、そして勉強に対する苦手意識を取り除くことができるかが重要です。学校の授業が理解できずヤル気を失っている生徒がたくさんいます。学校の授業では一方的に教えられる時間がほとんどでインプット学習に偏りがちです。しかしアウトプットに重点をおくペガサス流のやり方を学んでいくうちに子供たちは自然と進んで勉強するようになります。誰でもやればできるのです!効果的な勉強のやり方を身につけた生徒は定期テストはもちろんのこと、実力テストでも点数が取れるようになります。 そうなるためには自分で目標を立て自分で勉強の計画を立て、自分自身で勉強するという強い気持ちがとても大切です。

塾では最初はなかなか口を開いてはくれなかった生徒たちもどんどん変化を見せてくれます。子どもたちは本当に勉強が分かるようになりたい気持ちで一杯なのです。勉強が分かるようになって先生や親から褒めてもらいたい。。。
しかし、何かのキッカケで勉強が苦手になってしまった。。。

理解力は一人ひとりまちまちです。
学校の「一斉型の授業」ではどうしても先生の説明についていけない子どもたちでも個別指導で基本から丁寧に説明すると、どんどん勉強が分かるようになります。勉強が分かるようになった喜びとちょっとしたキッカケで子どもたちは変わるのです。理解できたらすぐ演習を行います。あとはできるだけ自分の力で考えて解く練習を行っていきます。教え過ぎは禁物です。子どもたちの学びの機会を奪うことになるからです。基礎からじっくり進めれば自分の力で問題を解き進めることが出来ます。そして標準、応用問題へと1つ1つステップを踏むごとに子どもたちは勉強のコツを掴んでいきます。

自分から進んで主体的に勉強するようになると自ずと成績も上がってきます。自立型の勉強方法を身につけていくことはとても大切なことです。
情熱を持って子どもたちと接すれば子どもは必ず変わることが出来ます。どんなにダメと言われた子どもでも、一度勉強が嫌いになってしまった子どもでも必ず変わることが出来ます。


学習指導要領の改訂によりこれまでの詰め込み型の教育で行ってきた「知識や技能」の評価ではなく「思考力や判断力そして表現力」といったものも学力の要素として重要視されるようになりました。またこれからは子どもたちが主体的に勉強に取り組む態度も重要視されます。

ペガサス学習塾では生徒が自主的に自分で問題に取り組む姿勢を育てていくことを指導理念として掲げています。
。そして解答を導くために必要な知識、勉強のやり方を教えています。今の苦労や努力はとても大切なのことです。そして勉強をイヤイヤながらではなく自ら積極的に取り組むことができるようなるまでしっかりと指導させて頂きます。お子様の勉強のことで何かお困りな点がございましたらいつでもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。このペガサス学習塾に通う全ての生徒が勉強がわかる喜びと楽しさを感じながら、また将来の自分の姿や、やりたいことをしっかりイメージできるように全力で指導して参ります。

【資格】   英検準1級  
【得意分野】 数学、英語、理科
【好きな食べ物】 トウモロコシ
【趣味】 スポーツ、スノボー、ドライブ、プログラミング(得意言語:javascript/PHP/MQL)
【動物占い】 ペガサス
【血液型】  A型
【家族構成】  妻(関西人デス)、子供2人
【訪れた国】アメリカ、イギリス、スコットランド、フランス、イタリア、台湾、フィリピン、スロバキア、オーストリア
【座右の銘】 少年よ大志を抱け Boys, be ambitious!

塾長ブログの日々更新中!
Facebookや、ツイッターも見て下さい。
ペガサス学習塾米沢教室 塾長鈴木のブログ
ペガサス学習塾米沢教室 塾長鈴木のツイッター
ペガサス学習塾米沢教室 Facebook

サイト内検索

News

迷わず突き進もう!

迷わず突き進もう!

迷ったら、行動しよう。

時間は限られている。

迷わず、行動に移した人は勝利します!

素直が一番!すごいぞ!

塾長鈴木も、毎日14時から21時半まで休みなしです!!!ぶっ続けで頑張っています。子どもたちの可能性を引き出す!

塾長鈴木のブログランキングはこちら

中学生の英語授業がすべて英語で行われるようになります。

中学生の英語授業がすべて英語で行われるようになります。

只今、夏期講習真っ最中です。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

みなさん、ご存知ですか?

来年度より、英語授業が変わります。

1.小学3年生から英語の授業がスタートします。

2.小学3、4年生の英語の授業は週に1回程度(慣れ親しむことが目的)

3.小学5,6年生は週2回程度の授業で、今までとは異なり教科書を使います。さらに成績もつくようになります。

4.中学生の授業は基本的に英語で行われるようになります。

5.高校入試、大学入試は英語の4技能(話す、聞く、読む、書く)が重視されるようになります。

6.小学生で習う単語は700語以上。

ペガサスでは、ピコの英語で小学生のうちから、英単語とフレーズの4技能をマスターすることができます。25級からスタートして1級まで検定を実施しています。

詳しくはこちらを御覧ください。

すでにペガサスに通う小学6年生の生徒は7級まで習得。

覚えた単語は600個。読み、書き、発音、リスニングを完全マスター。

夏期講習では、英語が苦手な生徒が、be動詞と一般動詞の区別の基礎から1つ1つスモールステップで練習中。

be動詞は「です。」

be動詞は「です。」

昨日の夜は緊急地震速報が鳴って、びっくりでした。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

毎日暑い日が続きますね。

しかし、塾はとても涼しいのでご安心ください。快適な温度・湿度に常に調整しています。

さて、この夏休みは、英語をしっかり基礎からやりなおしてください。

英語が苦手な生徒に診断テストをやってもらうと、ほぼ間違いなくBe動詞と一般動詞の区別ができません。

よって、否定文、疑問文の作り方もおかしくなっています。

例えば、私はテニスをしますを

I am play tennis. と書いてしまうことがあります。

I am not play tennis. 否定文はこう書いてしまいます。

三人称単数のところもできていません。

They is / He are となってしまいます。

調べてみると、まず代名詞が覚えきれていません。複数形の theyも意味があいまいなようです。

He busy. とかも間違いです。

まずは、be動詞と一般動詞の区別をしっかりして、それぞれの疑問文と否定文の作り方を覚えましょう。

そして、普通文を、主語を変える、否定文、疑問文、現在進行系、過去進行形にする。助動詞を間にいれる、さらに、疑問詞を頭につける、などを少しずつ文章をいじる練習をするといいです。

例えば、

I play tennis.

He plays tennis. 主語をかえる

They play tennis. 主語をかえる

I played tennis. 過去形

Does he play tennis? 疑問文

When does he play tennis? 疑問詞

Where does he play tennis? 疑問詞

He doesn’t play tennis. 否定文

He can play tennis. 助動詞

He is playing tennis. 現在進行系

He was playing tennis. 過去進行形

Is he playing tennis? 現在進行系の疑問文

Was he playing tennis? 過去進行形の疑問文

He is not playing tennis. 現在進行系の否定文

He was not playing tennis. 過去進行形の否定文

Can he play tennis? 助動詞の疑問文

He can’t play tennis. 助動詞の否定文

be動詞の意味は~です。 をつかえば

He is playing tennis. →彼はテニスをしているところです。(isがあるから「です」となります)

He is play tennis. → 彼はテニスをしますです。 (おかしい!)

と気づくことができます。

何事も基礎が大事です。そしてこの夏は基礎を徹底してやるのが一番大事です。

勉強したもん勝ち!行動したもん勝ち!

勉強したもん勝ち!行動したもん勝ち!

大人もそうですね。

人生やったもん勝ち! 迷ったら楽しい方を選べ! →確かにそうですね!

塾長鈴木のブログランキングはこちら

夏期講習で毎日大忙しです!!

pegasus_yonezawa
夏期講習参加の中2生。国語の読解と英語リスニングと、長文がやりたいということで参加してくれました。長文は基礎から練習して1冊目のテキストが終わりました。昨日2冊めに入りました。順調です。




pegasus_yonezawa
中学1年生は夏期講習で数学を最初から基礎、応用と進めています。


pegasus_yonezawa
遠くから塾まで毎日通い放題の夏期講習に参加してくれています。とにかく勉強したもん勝ち!質問したもん勝ち!


pegasus_yonezawa
これでいいんです。今までまったく英語をやっていなかった3年生。基礎の基礎の基礎をやります。1ヶ月後が楽しみだー!

pegasus_yonezawa
こちらは小学生チーム。歴史をもっと学びたくやりました。いいぞ!!雪舟は帽子をかぶったおじさん、足利義満は顔が丸いね、、で盛り上がりました。源頼朝は、朝なのになんで、ともって読むのですか?という質問も!

pegasus_yonezawa
こちらは小学生チーム。算数も90点以上!すごいぞ!

pegasus_yonezawa
夏期講習が月曜からスタートしました。みんな計画通りにしっかり課題に取り組んでいます。他の生徒が集中して頑張っている姿を見てさらに自分も頑張らないと、という気持ちがでてきます。
生徒の頑張りをご紹介します。

生徒の頑張りをご紹介します。

最近思います、素直が一番。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

勉強のやり方だったり、効率だったり、人それぞれです。

しかし、いくら効果的な学習法を教えても、聞く耳を持たない、やりたくない、

そんなの面倒くさい!! と思うのか、

それとも、なるほど、なるほど、、、 教えられたようにやってみよう

と、素直に受け止めるか、、、、、、 素直な人ほど、ぐんぐん伸びます。

教えたことをしっかりノートに書いて、私が問題の解き方の説明に使った紙を

しっかり持ち帰り、復習している生徒は間違いなく伸びます!

エキテン

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

よねざわネット

お問い合わせ

ペガサス学習塾米沢教室
TEL:0238-40-1785
受付:10:00〜22:00