ペガサス学習塾米沢教室

be動詞は「です。」

昨日の夜は緊急地震速報が鳴って、びっくりでした。

塾長鈴木のブログランキングはこちら

毎日暑い日が続きますね。

しかし、塾はとても涼しいのでご安心ください。快適な温度・湿度に常に調整しています。

さて、この夏休みは、英語をしっかり基礎からやりなおしてください。

英語が苦手な生徒に診断テストをやってもらうと、ほぼ間違いなくBe動詞と一般動詞の区別ができません。

よって、否定文、疑問文の作り方もおかしくなっています。

例えば、私はテニスをしますを

I am play tennis. と書いてしまうことがあります。

I am not play tennis. 否定文はこう書いてしまいます。

三人称単数のところもできていません。

They is / He are となってしまいます。

調べてみると、まず代名詞が覚えきれていません。複数形の theyも意味があいまいなようです。

He busy. とかも間違いです。

まずは、be動詞と一般動詞の区別をしっかりして、それぞれの疑問文と否定文の作り方を覚えましょう。

そして、普通文を、主語を変える、否定文、疑問文、現在進行系、過去進行形にする。助動詞を間にいれる、さらに、疑問詞を頭につける、などを少しずつ文章をいじる練習をするといいです。

例えば、

I play tennis.

He plays tennis. 主語をかえる

They play tennis. 主語をかえる

I played tennis. 過去形

Does he play tennis? 疑問文

When does he play tennis? 疑問詞

Where does he play tennis? 疑問詞

He doesn’t play tennis. 否定文

He can play tennis. 助動詞

He is playing tennis. 現在進行系

He was playing tennis. 過去進行形

Is he playing tennis? 現在進行系の疑問文

Was he playing tennis? 過去進行形の疑問文

He is not playing tennis. 現在進行系の否定文

He was not playing tennis. 過去進行形の否定文

Can he play tennis? 助動詞の疑問文

He can’t play tennis. 助動詞の否定文

be動詞の意味は~です。 をつかえば

He is playing tennis. →彼はテニスをしているところです。(isがあるから「です」となります)

He is play tennis. → 彼はテニスをしますです。 (おかしい!)

と気づくことができます。

何事も基礎が大事です。そしてこの夏は基礎を徹底してやるのが一番大事です。

« 前のページに戻る

サイト内検索

News

期末テストの達人

期末テストの達人

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

さあ、中学生の皆さんは、テスト前通い放題!

やれば、やるほど点数アップ。

みんな上位を狙おう!

各界で話題騒然の大学入学共通テストへの英語民間試験活用の延期

各界で話題騒然の大学入学共通テストへの英語民間試験活用の延期

塾生は、来週の期末テストの向けて猛勉強中です。

毎日夕方に来て、3時間くらい頑張って勉強している生徒もいます。

3年生は今回のテストまでの結果で内申書が作成されるのでみんな必死です。

昨日は、3年生が1名体験に来てくれました。関数の変化の割合の求め方や、グラフの変域などを詳しくやりました。

来週はいよいよ期末テストだ!

1日で重要なところをたくさん解説したのですが、しっかり理解してくれました。

文部科学省が2020年度に予定されていた大学入学共通テストへの英語民間試験活用の延期を発表した。

話は変わりますが、今大学入試の英語の試験で民間試験を活用するという話題が問題になっていますね。民間試験に種類が複数あり、目的も異なる、また受験料も高額だったり、都会に住んでいる人が有利だったり地域格差があるのは問題ですね

これからは英語の4技能を身につけようと学習指導要領や、授業形式が変わります。

しかし日本人が英語ができない一番の理由は、英語で話すことに恥ずかしい気持ちがったり、発音を間違ったらどうしよう、発音を間違うと変に思われる、といった気持ちがあるからだと思います。

塾長も海外で生活したときは、みんな海外からの留学生は書くのが苦手でも話すことは積極的で間違ってもどんどん気にせず話していました。日本人は集団行動で、いつも消極的です。

中学生になると英語を人前で話すのに抵抗を感じる人は多いです。小学生だとまだ、あまり恥ずかしがらずに話すことができます。

これまでの学校の授業があまりにも文法であったり、リーディングなどに偏りすぎました。リスニングや、スピーキングの比率を持って上げて、さらに先生が英語でどんどん生徒に話しかけて、生徒の臆せずもっと自然に英語でキャッチボールできるような授業がを行えば、4技能はどんどんレベルアップすると思います。

まずはそこからです。

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

わかるって楽しい!

わかるって楽しい!

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

素直が一番! 

アドバイスを素直に聞き入れて、実行している人は伸びています。

基礎が出来ていない人は、基本からやり直します。一番の近道です。

水槽の問題は、あらゆるパターンに慣れておきましょう。
ここでしっかり理解しておくことがとても重要。
この問題わかりますか?

この問題わかりますか?

あたまの体操です!

明治時代に活躍した人物
江戸時代の有名人物

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

至上の反復練習は、妥協することなく適応することである。

至上の反復練習は、妥協することなく適応することである。

反復練習は、君の理解する以上に栄光に満ちている。

只今、実力テストに向けて、中学3年生は猛勉強中!

塾長鈴木のブログランキングはこちら。

2学期中間テストの結果です!!
反復練習をすればするほどニンマリ

 

エキテン

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

よねざわネット

お問い合わせ

ペガサス学習塾米沢教室
TEL:0238-40-1785
受付:10:00〜22:00