ペガサス学習塾米沢教室

学びの進化系

昨日はここペガサス米沢教室より徒歩2分ところにある九里学園高等学校の進路指導課の髙橋先生が塾にお見えになり学校パンフレットやオープンスクールのお知らせを頂きました。

九里学園高等学校には毎年おじゃまして高校入試要項の詳細をお聞きしたり実際授業を見せて頂いたりしています。毎年ペガサスの卒業生も何名か九里学園高等学校にへ入学しています。

九里学園はご存知の通り国際教育に非常に熱心に取り組まれている高校です。実際生徒の皆さんは高校在学中に海外研修や海外ボランティアへ参加したり、交換留学という制度で海外からの高校生との交流を通して様々なことをディスカッションしたり学ぶ機会に恵まれています。

また今年から文部科学省の探究型学習推進モデル校としてSGHからさらに進化した地域協同推進事業グローカル型の指定校に選ばれたそうです。これは全国に20校しかなく、海外研修などを通して海外の高校生と地域社会の問題をディスカッションしたり問題解決に一緒に取り組むことで探究型とグローカルの両方を学びながら 国際的に活躍できるグローバル・リーダーを育成することを目指しています。

SGH(スーパーグローバルハイスクール)とは、 高等学校等におけるグローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、もって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的として文部科学省から指定を受けた全国の高校のこと。
スーパーグローバルハイスクールの高等学校等は、目指すべきグローバル人物像を設定し、国際化を進める国内外の大学を中心に、企業、国際機関等と連携を図り、グローバルな社会課題、ビジネス課題をテーマに横断的・総合的な学習、探究的な学習を行う。学習活動において、課題研究のテーマに関する国内外のフィールドワークを実施し、高校生自身の目で見聞を広げ、挑戦することが求められる。 指定されている学校の目指すべき人物像や具体的な課題の設定、学習内容は、地域や学校の特性を生かしたものとなっている。(文部科学省 SGHのサイトより引用 )

グローカル(Glocal)の意味はグローバル(Global:地球規模)という言葉とローカル(Local:地方)という言葉を掛け合わせた造語のことです。つまり「地球規模の視野や感覚で物事を捉えるのと同時にそれを地域社会に置き換え、地域視点で行動することを意味します。

話は変わりますが先日、仙台から塾用教材の会社の社長が塾にお見えになり今の子どもたちのことについて一緒にお話させて頂きました。その中で出たのが、今スマホの時代で勉強ツールでも何でも簡単に手に入り場所を問わず家でもどこでも簡単に勉強もできる。そしていろいろな情報があふれ、昔に比べ誘惑も多く、子どもたちもこのような環境の中で勉強する意欲も損なわれ、保護者の方も意識が薄れてきているそうです。

今日本という国は人口減少が急速に進み、国の政策としても海外から働き手がどんどん入ってきている。どんな田舎に住んでいても外国人が増えてくるのは目に見えている。

さらに社長に面白い話を教えてもらいました。秋田に学習塾をやっている方がいるのですが、その社長さんが空き家を利用して民泊をスタートしターゲットを海外向けにしたら空きがないくらい予約で一杯だそうです。そして秋田の大自然を利用して海外からの観光客向けの観光スポットをどんどん開拓すれば、そこに新たな雇用が生まれ、そこで働くひとも英語を学ぶ意欲が増え、地域にも外国人の数が増えどんどん町が活性化していく。これからは新しいことにどんどんチャレンジしてアイデアを形にしていく、そのような人材が求められているのですね。

東京の調理師の専門学校学校ではなんと英語の授業もあるそうですね。 コックさんは料理を作っていればいい時代ではないようです。

子どものうちに国際感覚を身につけたり、海外の人たちと臆せずどんどんコミュニケーションが取れる。このグローバルな視点とそれを地域社会に活かすグローカルな感性が求められています。

そして今勉強している意味もきっと理解できるはずです。そしてゆくゆくはそれが地域活性化につながるはずです。

塾長鈴木のブログランキングはこちらをクリック

キーワードは 国際感覚、 思考力、創造力、発想力、そしてチャレンジ精神!

« 前のページに戻る

サイト内検索

News

実力テストの結果がすごい!

実力テストの結果がすごい!

鈴木塾長のブログランキングはこちら

保護者の方から嬉しいメールを頂きました。

夏休み明けの課題テストの結果が戻ってきて

前回よりもかなり点数がアップしたとのこと。

本人もとても嬉しい様子でテストの結果を見せてくれました!とのことでした。

とても嬉しいです! 夏期講習で一生懸命頑張った成果だと思います。

数学が苦手でなかなか苦戦していたのですが、前回の中間テスト、期末テストが

40-50点台だったのが、なんと今回の実力テストでは、64点!

偏差値も34から52にアップしました。

本当に頑張りましたね!

次は、月末の中間テストに向けて、どんどん点数をアップさせるぞ!!

 

社会の攻略法

社会の攻略法

歴史が苦手な生徒に動画をつくりました。

嬉しいお返事を頂きました。

暗記は、イメージで覚えるのがコツです。

テレビのニュースでロシアのプーチン大統領の顔を見るたびに、

北方領土の名称と位置をイメージしておきましょう。

覚え方です。

「日本人なら、箸(はし)で食え(くえ)

はしで、くえ と覚えます。
画像引用:http://hokkaido-syuryo.com/study_item/%E5%8C%97%E6%96%B9%E9%A0%98%E5%9C%9F%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81/

これが意外に忘れにくいんですよね

位置関係も確認しておきます。下から、歯舞、色丹、国後、択捉です。

はし で くえ!!! 

これで大丈夫です。

次に歴史です。江戸時代。

3つの大きな改革をまとめておきます。三大改革。

順番がごちゃごちゃになる人がいます。

享保の改革 →  寛政の改革 →  天保の改革

の順番です。

享保の改革 ( 8代将軍徳川吉宗(よしむね) )

→  寛政の改革 (老中松平定信(さだのぶ)

→  天保の改革 (老中水野忠邦(ただくに) )

覚え方は、今日、寒天 たべる?

きょう、かん、てん

画像引用:https://news.goo.ne.jp/article/kurashinista/life/kurashinista-20161111_2000001214.html?from=popin

鈴木塾長のブログランキングはこちら

こんな簡単な問題も解けないの?

こんな簡単な問題も解けないの?

塾では毎回指導報告書を保護者様にお送りしています。

保護者の方から、ちょくちょくメールで返信が届きます。

昨日は歴史が苦手な生徒に解説動画を作って送りました。

お子様の成績を上げる方法。勉強をやる気にさせるには?

とにかく子どもは褒めると伸びます!

ちょっとしたことでも、勉強がわかるようになって

誰かに認めてもらったら、嬉しくなりますよね。

すると、アドレナリンが出て、どんどんやる気になりますよ。

塾で、そろばんと国語と、算数を学んでいる生徒のお母さんより

素晴らしいですね!

鈴木塾長のブログランキングはこちら

お子様を、何でもこんなことも出来ないの? だめだなあ

とか、

勉強しないと将来どうなるかわかっているの? と脅したり

こんな簡単な問題も解けないなんて頭が悪いぞ、

などと話していませんか? 

すべて逆効果です。まずは、お子様としっかり向き合い会話してください。

仕事で疲れていてもちゃんと子ども話を聞いてあげてください。

最初は出来なかった生徒もこう変わります。塾に通う中学2年生↓

とにかく頑張っている姿を褒めてください。

お子様の可能性をどんどん引き出しましょう。

キーワードは、褒める! 

こうして私は苦手を克服できました。

こうして私は苦手を克服できました。

ペガサス米沢教室の塾長鈴木です。

先週で夏期講習が終わりました。

鈴木塾長のブログランキングはこちら

毎日塾で2時間勉強を頑張って20日間で一次関数の応用まで攻略した生徒。

ランダム演習で2次方程式がスラスラ解けるようになった生徒。

プリントを大量に解いて夏休み明けの実力テストで大幅点数アップした生徒。

英語が超苦手で、夏期講習で英語の基礎からやり直し英作文までできるようになった生徒。

全ては生徒の勉強に対する気持ちが大きいと思います。

残念ながら、塾で勉強をやらされている、楽しくない、早く帰りたい、、、

と後ろ向きな気持ちのままではなかなか成績は上がりません。

いくら効果的な勉強方法を教えても、まったく聞き耳を持たない

言われたことをやろうとしない、素直に聞き入れない

こんな様子では残念ながら、点数はアップしません。

結局は勉強をやるのは、生徒です。塾はあくまでも勉強のつまずきを

取り除き、その子が前に進めるように勉強のやり方を教え、できるだけ効率の良いやり方でゴールまでの最短な道のりを示しながら、実践で使えるようにサポートするところです。

そして、その子が本来持っている可能性を引き出して、人から言われなくても、自ら行動できるような人間になれるよう探究心、学びとる力を育む教育を行うことが重要ではないでしょうか。

周りに流されず、いいと思うことはまずは試してみること。

恥ずかしがらずに、わからないことはどんどん人に聞いてみる。

まずは行動してみる。

きっと毎日が楽しくなります。

やる気がある人を全力で応援します。
いつでも体験に来てください。
数学を勝ち抜くヒント

数学を勝ち抜くヒント

数学の攻略法についてちょっとしたヒントを書きたいと思います。

学校のワークや問題集は解法パターン(例題)が載っていて

次に、同じパターンの類似問題を連続して何問も解く形になっていると思います。

最初は例題を見ながら、そのやり方で解くのですが、それを10問くらい解いて

次の例題のパターンの問題に進みます。

そして、そこでもその解き方で10問くらい解いて、また次に例題に進んで。。。。

このやり方で進めていくと、最後に章のまとめの問題をやると、なぜか解けないのです。

つまり、1つの解き方学び、それを連続して解く集中学習では、時間が経つと

解き方を忘れてしまいます。

鈴木塾長のブログランキングはこちら

実際、中学3年生が2次方程式の問題を解いたとき、同じパターンの類似問題をたくさん解きすぎて、最後のまとめをやると、まったく解き方を忘れてしまったという現象が起きたのです。

では、どうやったらいいか?

答えは、ランダム学習をやることです。

テキストの進め方にある工夫をしています。

ちょっとした工夫でテキストの進め方を変えることで、常に頭の中がリフレッシュされて、より実践に近い形で解法を記憶させることができるようになりました。

テスト本番でもしっかり記憶の引出しから、解き方のパターンをアウトプットさせることができます。

2学期中間テストでは、ぜひ高得点を狙ってほしいと思っています。

勉強のやり方を変えることで、テストで点数を取れるようになります。

2学期中間テスト対策講座 → 体験生募集中

エキテン

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム

よねざわネット

お問い合わせ

ペガサス学習塾米沢教室
TEL:0238-40-1785
受付:10:00〜22:00